妊娠中に入れる加入できる保険 保険比較.com

女性のための保険比較.com

妊娠判明から出産までにかかる費用

こちらのページでは妊娠の際にかかるお金に関する疑問、質問にお答えしています。

妊婦健診にかかる費用

娠が判明すると、定期的に母体や赤ちゃんの状態を確認するため、妊婦健診を受ける必要があります。
始めの内は4週間に一回程度ですが、周期が進むにつれて2週間に一回、出産予定日近くになると毎週通うというのが基本です。
妊婦健診の内容は、主にエコーによる赤ちゃんの状態の確認や内診のほか、妊婦の血圧や体重、尿検査、血液検査などで、その時々の状態に応じて別途対応する形になります。妊婦健診にかかる費用は検査内容にもよりますが、大体3000~4000円程度となっています。
しかし、妊娠から出産まで所定の妊婦検診を受けるとなると、費用が相当な金額になってしまいますので、ある程度安定した周期に入ると、自治体から助成が出るようになっています。 大まかな流れとしては、産婦人科で母子手帳の発行を依頼するように言われた時点で、自治体の子育て支援に関する課で母子手帳を発行してもらいます。その際、妊婦健診の助成チケットを一緒に受け取り、それ以降の妊婦健診ではチケットを渡すことで費用が免除になるというケースが多いです。
ただし、本来の妊婦健診の内容以外の治療や検査を受けた場合には、別料金が発生するようになっていますので、検診に行くときには念のためいくらか現金も用意しておいたほうが良いでしょう。
特に妊娠初期は状態が変化しやすい時期でもありますので、健診の結果によっては、そのまま急な治療や検査が追加で行われる可能性もあります。

出産にかかる費用

産にかかる費用は平均すると50万円前後かかることになります。順調に出産まで至った場合は、病気になった際のように保険がきかないため、形式的には全額自己負担になります。 最近は高級ホテルのような産婦人科もありますから費用の面からすると、かけようと思えばいくらでもかけられるのが現状です。
ここでは一般的な出産の平均的費用について説明したいと思います。
50万円かかると聞くと妊娠出産にためらいを覚えてしまう方がいるかもしれませんが、健康保険や国民健康保険に加入していると出産育児一時金をもらうことができますので、実際の負担額はだいぶ少なくなります。
出産育児一時金の金額は全国一律で42万円が支給されるようになっています。
また仕事をしている女性ならば出産によって出産手当金や育児休暇給付金などが支給されたりもしますので負担額はもっと少なくなる可能性があります。
費用の内訳としては、母子手帳をもらうのに2、3回通院し、その後妊婦検診が14回前後ありますので、10万円くらいかかるのが平均です。当然体調などにより検診回数が変わってきますのでそれによって金額も変わります。
出産時には40万円から50万円ほどの金額がかかります。
この場合も早産であったり帝王切開であったりと手術などを行うと金額が変わってきます。
また、利用する施設などによっても金額は大幅に違ってきます。
このように、状況によって出産にかかる金額は大きく変化します。余裕を持って資金を用意しておく必要があるでしょう。

妊娠中のトラブルの治療費

娠中には思わぬトラブルが起きることがあります。
自宅で安静にしているのであれば、費用面での心配は必要ありませんが、入院となると負担も大きくなるものです。なかでも、切迫流産や切迫早産は状態が安定するまで入院期間が長びく可能性が高く、妊娠中のトラブルとしては比較的多くみられるものです。
妊娠中の入院には高額療養費制度が使えます。そのため、入院で多額の費用がかかったとしても、1カ月の医療費の負担額については所得に応じて35,400円~150,000円×(医療費-500,000円)×1%の範囲内に収まるようになっています。この医療費の自己負担限度額は所得に応じて決まりますので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。
また、高額療養費制度には世帯合算や多数回該当などの仕組みもあり、適用できれば負担を軽減することができます。医療費の面では上限が設けられていますが、妊娠中に入院してしまうと予想以上に生活費の出費もかさみます。
お子さんがいるときにはシッターさんや保育施設に預ける費用がかかりますし、外食費用やお見舞いに通うための交通費、下着類の購入費など多岐に渡ります。状態が安定しなければ入院期間が数か月に及ぶこともありますので、対策を立てておくことが望まれます。
具体的には妊娠前に医療保険に加入しておくと、妊娠中の万一のときにも入院給付金を受け取ることができます。医療保険は妊娠中には加入できないものが多いので、子供が欲しいと考えている方は、妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

>>ページの先頭に戻る

保険比較

ABC少額短期保険

新ABCおかあさん保険II

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。

おかあさん保険の保険内容比較

自然分娩の保障 帝王切開の保障 妊娠判明後
の申込み
妊娠後申込時に
おけるその妊娠に
対する保障
死亡保障

(責任開始後の
妊娠に限る)
妊娠19週目まで 手術のみ保障 ¥500,000
23歳の保険料 30歳の保険料 手術給付金 入院給付金
¥1,660 ¥2,220 ¥50,000 ¥5,000

>> ページの先頭に戻る

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方がおススメです。

フェミニーヌの保険内容比較

自然分娩の保障 帝王切開の保障 妊娠判明後
の申込み
妊娠後申込時に
おけるその妊娠に
対する保障
死亡保障
× WEB上に記載なし WEB上に記載なし ¥5,000,000
23歳の保険料 30歳の保険料 手術給付金 入院給付金
¥4,779 ¥5,045 ¥70,000 ¥5,000

>> ページの先頭に戻る

オリックス生命保険

新CURE Lady

自然分娩は適用されませんが、帝王切開に保険が適応対象になっております。生活習慣病に幅広い保障があります。保険料も安めに設定されており、死亡保障が必要ない方にはメリットがある保険です。

新CURE Ladyの保険内容比較

自然分娩の保障 帝王切開の保障 妊娠判明後
の申込み
妊娠後申込時に
おけるその妊娠に
対する保障
死亡保障
× WEB上に記載なし WEB上に記載なし ×
23歳の保険料 30歳の保険料 手術給付金 入院給付金
¥1,840 ¥2,045 ¥100,000 ¥5,000

>> ページの先頭に戻る

東京海上日動あんしん
生命保険

メディカルKit NEO女性プラン

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

メディカルKit NEO女性プランの保険内容比較

自然分娩の保障 帝王切開の保障 妊娠判明後
の申込み
妊娠後申込時に
おけるその妊娠に
対する保障
死亡保障
× WEB上に記載なし WEB上に記載なし ×
23歳の保険料 30歳の保険料 手術給付金 入院給付金
¥2,395 ¥2,695 ¥25,000 ¥5,000

>> ページの先頭に戻る

エイ・ワン少額短期保険

エブリワン

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険も適用される保険とダブルで加入するのも良いと思います。

エブリワンの保険内容比較

自然分娩の保障 帝王切開の保障 妊娠判明後
の申込み
妊娠後申込時に
おけるその妊娠に
対する保障
死亡保障
× 妊娠33週目まで WEB上に記載なし ×
23歳の保険料 30歳の保険料 手術給付金 入院給付金
¥2,180 ¥2,540 ¥50,000 ¥5,000

>> ページの先頭に戻る

妊娠中の保険選び方で重要なポイントを抑えることはできましたか?保険は長期にわたり、自分を含めた家族全体の生活に安心感を与えてくれるものです。これから加入を検討されている方はぜひこのサイトを利用して自 分にあった妊娠保険選びを行ってみてください。

年代別比較

特集 年代別に保険を比較しました。

年代別に必要な保険は異なります。沢山の保険の中から、自分にあったベストな保険を選びましょう。

ランキング

保険Q&A

医療保険を選ぶことに関して注意点はありますか?
>>質問への回答はこちら
保険の資料請求って、その後しつこくDM等で勧誘されたりしませんか?
>>質問への回答はこちら