妊娠保険ガイド 保険比較.com

女性のための保険比較.com

女性は終身と定期保険はどちらがおススメ?

生命保険には、定期と終身の2択の掛け方があります。

定期とは別名、掛け捨てとも言われており、保障期間が10年や15年で区切られています。この保障期間内に保障対象となる病気や怪我をした場合は保険料は支払われますが、この期間を過ぎたら対象の病気などにかかっても保障金が支払われることはありません。
保障期間が満期になれば、その分のお金は戻ってきます。

終身とは、保険の加入者が死亡するまで保障期間が続く生涯タイプです。生きている中で保障対象となる病気や怪我をした場合は保障をうけることができ、また途中で保障期間が終わることがないので死亡するまで続きます。

では、女性の場合はどちらの掛け方が良いのかという事が問題です。
どちらがいいのかは一概には言えないのですが、定期の方が毎月支払う保険料が安いというメリットはあります。そのため、定期で掛けている人が多いようです。
ただし、更新して続けていく段階で保障内容を見直して組みなおしていくと、毎月支払うお金が増えてしまうこともあります。
終身の場合は、高齢になって病気のリスクが高まっても保障を続けていくことができるのがメリットです。保険を組むには年齢も影響していきますので、年齢に応じた病気リスクに備えたい方は終身がいいかもしれません。

年代別比較

特集 年代別に保険を比較しました。

年代別に必要な保険は異なります。沢山の保険の中から、自分にあったベストな保険を選びましょう。

ランキング

保険Q&A

医療保険を選ぶことに関して注意点はありますか?
>>質問への回答はこちら
保険の資料請求って、その後しつこくDM等で勧誘されたりしませんか?
>>質問への回答はこちら